» 2013 » 6月のブログ記事

確かな手ごたえ

| 未分類 | | 2件のコメント

このところ連続して、いろいろな方からミエザホールへの高評価をいただいていて、確かな手ごたえを感じつつあります。
調律氏の須藤さん。ホールのピアノに惚れ込んでくださって、「こんな凄い音が鳴ってくれるスタインウェイが日本に何台あるか…本当ですよ!僕にとって本当に勉強になる楽器なんです。この楽器と出会えたことで、10年後の自分がもっともっと面白いことが出来る。と思えましたので。勉強させてください。」と音にうるさい管理人の好みに対応するべく、何度も快く調律(というより微調整)に足を運んでくださいました。
コンサート利用のために下見をして下さった演奏家の方々からも、「ここならバッハの無伴奏のリサイタルをしたい。ずっとやりたかったんですけど、こんな場所でバッハ弾きたくないな、ていう音響ばかりだったので。こういう場所に出会えて嬉しいなぁ。いやぁ、本当によくここまでこだわられましたね。素晴らしい。」どうやってこの音響にたどり着いたのかというご質問もたくさんいただきます。
さて、昨日は退職前、ずっと日比谷公会堂などで舞台照明をなさっていた方が見学に来てくださいました。「もちろん僕がすべてを知ってるとは言わないけど、日本全国あちこち回って仕事してきたけど、こんなに三拍子そろってる所ってないよ。何かが良いけどピアノはいまいち、ピアノが良くても空調がうるさい、とかね、だいたいどこも何かが欠けるんですよ。でも…ここは凄い。よくこれだけツボを心得て(笑)!あなた、えらいもん作っちゃったね。このピアノはねぇ(唸り)ピアニストはここで一回公演しちゃったら、他じゃあ弾けないですよ。音の次元が違いすぎちゃって。ほら、あの会場のあのピアノで、誰それの演奏を聴きたいっていう人たちだっていっぱいいるんですからね。ここが日本中に知れ渡るようにしなきゃあ。日本中探したってね、いや、こんな場所無いって言って、僕もいろんな人連れてくるようにします!なんか、もう想像を絶する。忽然と現れちゃった感じだもんねぇ。」と親切この上ないコメントをいただいきました。
言葉をかけてくださっているのは皆さん、ホールを建ててから、初対面でお会いした方たちばかりです。
何より嬉しいと感じることは、ミエザホールやピアノの話で、初対面の皆さんと異常にお話が盛り上がること(笑)。こうして、ここにいると、誰かがたずねて来てくれて、新たな人との出会いがある。なんとありがたいことか。しみじみと思いました。
ところで一昨日からコアラ君が39.8度の熱。母ちゃんは心配で、大変です。そして自分が倒れないようにしなければ。
いろいろ、試練もあります!

を漬ける季節がやってきました。去年は忙しかったこと、仮住まいだったので梅を土用干しするのに適した場所が無かったことなどから梅干しを漬けませんでしたが、今年はいつも通り、10キロつけてみようと思っています。南高梅を注文したのですが、今回はあえて2Lサイズにしてみました。3Lサイズは肉厚でしっとりと出来上がってたいへん美味しかったのですが、一回で食べきれない大きさというのがネックでした。初めての2Lサイズ。中の種の大きさはどうなのか、塩がどう浸透するのか、少し不安はありますがトライしてみます。
今年は注文した梅以外に、別ルートから2キロほど入手した特大(4Lと言っても良いくらい。そんな表記が存在するのか分かりませんが)かつ美しい梅をすでに漬けはじめています。これがどんな風に漬け上がるのか、まだ塩を加えただけだというのにワクワクしています。
まずは塩に漬け、梅酢が十分に上がってきたら紫蘇の塩漬けを加えます。そして土用の頃に、いよいよ屋上の芝生の上で土用干しします。まめに手をかける楽しみ。そういう意味では私は植物を育てるより、漬物(糠床など)を作る方が得意なようです。

五月の中ごろからでしょうか。3階のウッドデッキで4日に一度は七輪で夕食を食べています。もともと、ここを建て替える前から七輪は好きな調理アイテムでしたが、以前は台所と七輪で炭をおこせる場所が離れていたり、時に台所で炭をおこすと、二日ほど家じゅうが煙臭くなったりして、ちょっと不便で無理やりな感じでした。
今は台所と居間、ウッドデッキがつながっているため、とても手軽に七輪を使えるようになりました。デッキに漁船のランプを吊り下げ、親子三人デッキに腰かけ、南武線のホームを眺めながら、備長炭で焼いたものをむしゃむしゃ食べます。これが大変な美味。煙の力ってありますね。焼いたおいしさだけでなく、軽くスモークされたような風味が、確実に食材の味を引き立てています。
昨日は鮎とホワイトアスパラ、グリーンアスパラ、コアラ君の大好きなサツマイモ、そしてなぜか〆にベーグル(笑)を焼きました。鮎が、これまでに食べたことの無かったほど、おいしかったです。他に今までに七輪で焼いてみて特においしかった食材は、鳥の軟骨部分、蓮根。もちろんサンマもずっと前にやってみておいしかったので、季節が来たら焼きますよ!肉や野菜、魚をただ塩焼きにしてこんなにおいしいなんて、昔、七輪で焼くのが標準だった時代は、なんて豊かな食生活だったのだろう。と思います。
そして今年は空梅雨で、夜は涼しいし、まだ蚊もいないですし、外でご飯を食べるのに良い具合です。夜空の下でそよ風に吹かれながらご飯を食べるのがまた、気持ちがふわっと広がって楽しいですよ!
七輪はホームセンターで千円以下で売ってます。炭だっていまや百均で小箱が売っています。バーベキューのセットと違って、その独特の形のせいか、七輪はすぐに(10分、15分で)火がおこせます。おうちで七輪生活、皆さんも始めてみませんか?

ミエザホールの素敵なパンフレット。
ふと思いついて先週の土曜日から入口に立つオリーブの木に、皮の手紙入れをぶら下げて、その中に何部か入れてみています。皮の手紙入れ
とても驚いたことには、これがなかなか、売れて行くのです(笑)!風変りに、無造作に、ただブラブラとぶら下げているのが歩く人の心をくすぐるのか、はたまたこの建物の正体を知りたかった人が、「待ってました」とばかりに持って行って下さっているのか、理由はよく分かりませんが、順調にパンフレットたちは旅立って行きます。嬉しいかぎりです。皮の手紙入れはオリーブの木にも妙に似合って、可愛い風情です。
朝6時頃、おもての道路を掃除しに出た際に木に皮袋をぶら下げ、夕方6時に回収するのですが、四万十川のウナギ漁よろしく、網籠を川底に入れて、半日おいて引き上げる。あ。ウナギいた。みたいな感覚のワクワク感があります。今日は何部売れたかな、と実に楽しみです。
パンフレットをもらってくださった方で、こちらのブログものぞいて下さり、もしさらに、この建物のことをもっと知りたい方に、新情報です!この駅前の建物の屋上には、実は全面に青々と芝生が植わっております。芝生の周りには実のなる鉢植えがぐるりと置かれております。二匹のネコが、芝生で好きなようにくつろいだり、走ったりしております(笑)。ホールの入口に植わっている蔓植物は「ムベ」あけびの仲間です。実が成ったら皮を味噌炒めにして食べるために植えました。
オシャレな見かけによらず、中にいる者たちは狩猟採集民なのです。皮の手紙入れもなかなか、狩猟っぽいではありませんか?
徐々に中身が、建物の外に染み出しはじめております。

さて、風邪の後、体調をずいぶん崩しましたが、そろそろ大丈夫です。
来週から水月さんとのリハーサルを開始します!