» 2013 » 9月のブログ記事

ミエザホールでは、ショートコースという時間帯でホールを利用することが出来ます。その際調律の時間を取らずに利用することが出来るように、ある程度の頻度で定期調律を入れていくことが私の目標でした。どのくらいの頻度で入れていくかはピアノの状態とお客様の利用頻度にもよりますので、なんともお答えできないのですが、調律をした際にはこのようにお知らせしようと思います。今回がこのスタインウェイD274がミエザホールにやってきて3度目の調律になります。

パソコンが大得意でなければならないはずの学部出身者のハッシーは、大変なパソコン音痴で、キーボードの早打ちくらいしか取り柄がありません。したがっていつも周りの皆さまに助けてもらいながら初心者運転を持続しているのですが、そんなホールの管理人にかわってホールのオーナーである夫が、ひっそりとFacebookを作ってくれました。
「ブログを更新しました。」「公演ラインナップを更新しました。」「ピアノを調律しました。」といった情報ですが、タイムリーに皆さまにお知らせすることが出来るようです。私にはさっぱり使い方が分からないので、夫が自分の仕事のかたわら管理してくれるようです。家族に協力してもらうの、初めて~(爆)!めでたし(笑)。
という訳でして、アドレスを公開いたします。
www.facebook.com/miezahall

朝の連ドラ「あまちゃん」ももうすぐ最終回ですね。親子でずいぶん楽しく見させてもらいました。2歳のコアラ君は鼻歌で「スナニカイタ アイミッシュー」と歌うほど、ドラマが大好きです。あきちゃんではなく、ゆいちゃん派ですが(笑)。
いつもオンタイムで見るわけではなく、予約して見る時もあります。今日は少し遅れて、大吉さんが安部ちゃんにプロポーズをする(というか、しようとするが、周りに勝手にプロポーズされた)回を見ました。すると、そのハッピーなシーンでコアラ君が静かに涙を流し始めました。驚いて理由を聞くと、「うれしいて、ないてう。よかったね。」というのです。2歳でも、嬉し泣きってするんですね~!母ちゃんがたまげていると、コアラ君の隣でお父ちゃんも泣いています。「え?なんで泣いてるの?」と聞くと、「今、コアラの嬉し泣き見て、、、」と、もらい泣きを告白。
確かに、小さな子供の嬉し泣きって、無条件に感動的です。

新たな息抜き方法を開拓しました。少し変わっていますが。4日ほど前は初めて、屋上でテントを張って朝まで寝てみました。この頃の屋上は夜、とても気持ちの良い風が吹いていて、芝生に転がっているだけでも本当に気持ちが良いのですが、テントの中にいると、薄いテントの布一枚あるだけで家の中にいるような守られている居心地の良さが加わるので不思議です。明け方に冷え込むだろうと、毛布をたくさん持ち込んで寝たのは正解でした。これ以上涼しくなると、もうテントで一夜を過ごすのは無理かもしれない。というくらい、涼しかったです。明け方4時半にコアラ君をテントから室内に移動。眠ったまま運ばれたコアラ君は目覚めた時、芝生のテントで寝たはずなのに、なぜいつものベッドに居るのかと、大変怒っておりました。初めてテントで眠った経験は、彼にとって大変興奮の大冒険だったようです。
続いて、かなり以前に父がエクアドルから運んで来てくれていたハンモックが登場。ようやく試してみることができました。ウッドデッキでああでもない、こうでもないと吊るす位置を調整した後、場所が決まると、快適なお休み処が完成。向こうの人は、これでお昼寝をするのですが、あいにく我が家のデッキは昼時、カンカンの日光に照らされています。夕方から夜にかけての、夕焼けやお月見のハンモックが適しているようです。
コアラ君はまたもや大喜び。枝豆の豆のようにハンモックの中におさまり、じっと揺られてみたり、突然ムササビよろしくハンモックを開いて家族を笑わせたり、ハンモックを小舟に見立ててそこから素潜り漁へとウッドデッキにダイブして魚を捕りに行っては戻って来たり、絶好の遊び場になりました。ちょっとしたことで、子供の生活や発想、視点がガラリと変わることに驚きながら、私は面白がって見ています。
さて、萩生君との10月4日のクライスラーのコンサートですが、昨日4回目のリハーサルを終えました。本当に楽しい仕上がりになっています。萩生君は先月末にメキシコを一週間訪れ、開放的な気分に磨きがかかっております(笑)。そして私は、ハンモックやテントで日常にスパイス(?)を加えはじめました。純粋に娯楽的要素を追及するコンサートが私自身久しぶりなので、とても楽しみです。金曜日の夜7時の開演ですが、息抜きに、ぜひぜひお時間のある方は、分倍河原駅から徒歩0分のミエザホールに足をお運びください!詳しくは公演ラインナップをご覧くださいね!

フランスの弦の老舗、SAVAREZ社のCEO、ベルナルド・マヨさんをお招きしてのミエザホール・コンサートが、11月5日の19時開演と決定いたしました。今回はゲストにチェリストの横溝宏幸さんをお招きし、ベートーヴェンの大公も演奏いたします。皆さま、お楽しみに!

ミエザホールは9月7日~14日まで、管理人不在のため、お休みとなります。15日以降のご来館をお待ちしております。

久しぶりに公演ラインナップの情報を更新しました。10月4日と11月某日です。某日というのは、フランスからの連絡待ちで日程を決めることになっているためです。日程決定はそれまでお待ちください。のぞいてみてくださいね。
ところで今日はコアラ君が来年入園する予定の幼稚園に一日動物園がやってきました。午後に親子で行ってみたのですが、これがなかなか本格的。やってきたあらゆる動物に触れるのですが、まずはハツカネズミ、ヒヨコ、犬、羊、ヤギ。私は初めてアヒルと合鴨を触りました。雄鶏のトサカもプルプルしていて気持ちよかったです。ウサギやモルモットは抱っこでき、蛇(青大将)にもタッチ!そしてコアラ君の一番のお気に入りはポニー。5回も乗ってグルグル歩いてもらいました。
近頃の幼稚園は、児童獲得のためにイベントが多いと友達から聞いていましたが、こんなに本格的な催しを行うとは。驚きました!