» 2020 » 8月のブログ記事

20200827_11455320200827_114648

ショートムービー「エクアドルのくるみ」に関心を持って下さったエクアドル大使に呼んで頂いて、監督の大崎章氏と共にエクアドル大使館を訪問してきました。
ハイメ バルベリス エクアドル大使から「映画の中の演奏はとても情熱的で素晴らしかったです。私たちのためにも演奏してもらうことは出来ますか?」「今後、良い関係を持って行きたいですね。」と、エクアドルと日本の国交を記念するイベントや、エクアドルをPRするためのコンサートなどに継続的に関わって頂けると嬉しい。とお話頂きました!
会話の中で今年の10月、また、来年の演奏予定など、大使の想いが膨らんで行き、とても嬉しかったです。
せっかくなので、大崎章チャンネルの「エクアドルのくるみ」を再度アップさせて頂きます。


image1image0

先日告知いたしました、豊田さんのピアノリサイタルは、無事に終了いたしました。

「とても幸せな時間でした。」と豊田さんは終演後、瞳を輝かせておっしゃいました。

ご来場いただいたお客様にもご好評いただいて、とても嬉しかったです。

豊田さんは10月31日に、今度はテノールの川村春貴さんとコンサートを開かれる予定です。

ミエザホールでは、若い演奏家の皆さんを引き続き応援していきたいと思います!

ホームページをご覧の皆さま、こんにちは。

長かった梅雨も明けて、厳しい夏に突入しましたが、お元気でお過ごしでしょうか?
今年はコロナの事もあり、皆さまとお会い出来ない日々が続いていますが、この6月に取り組んでいたショートムービーが公開されましたので、私としては初めて、インターネットで皆さんの胸に飛び込んで行ければ。と思っています。

ショートムービーの撮影スタッフは筋金入りの映画人たちで、編集は「Always3丁目の夕日」でアカデミー最優秀賞編集賞を受賞した宮島さん、録音は「世界の中心で愛を叫ぶ」で録音担当された伊藤さん、、エンディングロールを見て名前を検索されたら凄い面々です。
映画はもともと監督が惚れ込む画家のドキュメンタリーということで、「現瞬を生きる藤山ハン」というタイトルでした。私の音楽はところどころで挿入。姿はラストで一瞬。のはずでしたが、録音当日、私の演奏を聴いたハンさん本人がタイトルの変更を申し出て新タイトルをつけて下さり、スタッフさん達も音楽への猛烈な共感を示して下さって、こういう姿の作品になりました。
嬉しかったです。
この10年分くらいの自分を映画の中に刻みつける勢いで、選曲から録音までのひと月足らずを、食べて寝る以外はずっと練習して過ごしました。
演奏は全て一発どり!と言いたいところですが、残念。一箇所だけ修正させて頂きました。まだまだそこは力量不足です。でも、「ライブにこだわる橋口」としてのポリシーは貫いた。と言わせて下さい。許してー‼︎(笑)

動画は二つあり、一つは東京都が公開しているもので、期間限定公開ですが、ホームページ上でプロフィールや作品への説明がご覧頂けます。

東京アートにエールを!→動画検索で  ヴァイオリン→エクアドルのくるみ を再生

もう一つは大崎監督のチャンネルで、こちらは期間の制限はありません。もしもソーシャルメディアで共有して頂けるようでしたら、こちらでお願い致します。

熱中症にお気をつけて、ポジティブで楽しくいることをやめず、お過ごしくださいね。
またお会いできる日まで。

橋口瑞恵

それでは、お楽しみ下さい!

https://m.youtube.com/watch?v=vK7gvY-8ymM

↑大崎章チャンネル「エクアドルのくるみ」