皆さまにご案内したオープニング・コンサートですが、おかげさまで既にほぼ満席となりました。本当にありがとうございます!
さて、昨日午前に建物の引き渡しを無事に終え、午後は水月さんとみっちり5時間のリハーサルでした。実は前回のラロのスペインシンフォニーの合わせは課題満載でした。そこから地道に練習を積み重ねてきたのですが、その成果があらわれて、今回のリハーサルは本番への自信となる出来で、安心しました。
皆さまへのご案内を終えてからというもの、引越しの荷造りに精を出してきたのですが、今は壁という壁、窓という窓は半分ほどダンボールで隠されている状態です。引越し業者さんには60箱の段ボールを支給して頂いたのですが、おそらくそれは使い切るでしょう。残り10箱ほどです。
コアラ君は、お友達との別れを察知しています。今日は公園で、悲しみのあまり動けない時間がありました。可哀そうに、、、

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

ブラヴォー!素晴らしいホールと演奏でした。おめでとうございます。

ミエザホールは想像以上のすばらしい音楽空間でした。
 昔の王侯貴族のサロン音楽会はこのような物で有ったか?いや、このホールはオーナーの音へのこだわりから きっとそれ以上の素晴らしさと感激しました。身近で感じる柔らかで しかも迫力ある興奮をどう表現したら良か。是非多くの人に体感してもらいたい気持ちで一杯です。
室内楽演奏やシャンソンの歌声、ピアノ演奏等幅広い演奏家達 又多くの観客を魅了する音楽ホールが出来上がったと確信した音楽会でした。 この音楽会に出席して下さた皆様も同様な感激を体感されたことでしょう。
オープニングコンサート開催おめでとうございました。

Comment feed

コメントする