我が家のコアラ君は、とにかく電車が大好きなのですが、二週間ほど前に人生初のモノレール乗車体験から、モノレールが大好きになりました。高い所をたった一本のコンクリートの道を電車がガッチリと挟んで進んでいく様を、「おっとっとの。かたい(高い)の。(落ちたら)いたいいたいの。」と身振り手振り、口をとがらせ大興奮で説明してくれます。
そんな彼と、モノレールを解説している子供向けの写真本を見ながら、母ちゃんはふとある疑問に取りつかれました。モノレールは一本のコンクリの道の上を車輪で走り、そのコンクリをガイドとなる車輪で横からもガッチリと挟んでいます。普通の電車と違って折り返し運転の際、いったいどうやって路線を変更するのだろう?
モノレールの駅の終点まで行けばその謎は解決するのでしょうか?モノレールの終点ってレールが「U字」に曲げられていて、そこでぐるっと回って方向転換???
知っている方いらっしゃいましたら、教えてください。

ちなみに母ちゃん、1年以上ぶりくらいに風邪をひいた模様です。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

 今の主流分岐はそれぞれの方向に合わせ平行移動させるそうですよ。180度回転移動も以前には有った様ですが。多摩モノレールは? 

Comment feed

コメントする