昨日から、コアラ君が気管支炎になってしまいました。明日は病院がお休みなので、いきつけの小児科の先生が症状を心配して吸入器を貸し出してくださいました。今朝からは熱も高く、とても息が荒くて可愛そうなのですが、おしゃべり大好きなコアラ君は、ハアハア言いながらも電車の車掌さんごっこをやめません。「あまう~(アナウンス~)せんのうちがあで、まっててね~」「はねだくーこーえわー、のりかえ~、ひこーきわー、エトゥアドゥー(エクアドル)いくよ~。とおいよ~。いそいでね~。」など。親としては、喘息の発作にいつ発展してもおかしくない気管支の状況だと認識しているので、彼が大きな声を出していることにヒヤヒヤしているのですが、本人は「もうばーじゅーじゅ(大丈夫)。アップ(ぼく)げんきよ。たーやん、ねぇ、なんでのんないの。はやくのってよ、でんしゃ!はっしゃしちゃうよ!」と、いつも通りのテンション。ただ、階段などを登るのは辛いようです。さすがに。
早く治してあげたいです。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする