9月7日のチャリティーコンサート、「忘れないためのヴァイオリンコンサート」では私の提案で、会場の皆さんと一緒に歌って頂くために「ふるさと」を演奏することにしました。まだ故郷に帰れない多くの方々に、心を寄せて頂きたいという思いからです。
ただ、ピアニストが共演するわけではないので、ヴァイオリンだけで「ふるさと」の旋律を朗々と歌うというだけではちょっと面白くありません。そこで、数日前から練習の終了時に少しずつ「ふるさと」を弾いては改良してヴァイオリン版「ふるさと」を作っていたのですが、ついに完成しました。二重音トリル(トレモロのように聴こえる)や重音奏法での演奏になります。ヴァイオリンの無伴奏にふさわしい楽曲にすること。かつ「ふるさと」独特の深い抒情性を失わせない。皆さんと歌っても歌うリズムを損なわない(一緒に歌いやすい)。という三点が自分に課した課題でしたが、どれもうまく達成できたと、満足しています。
親友の大崎章氏監督、映画「キャッチボール屋」の挿入で使用された「シーベック&シーモア」(橋口 編・演奏)、代々木上原のムジカーザでピアニストの水月恵美子さんと連弾公開した「うし」(橋口作曲)に続き、渾身の一作となりました。演奏するのが楽しみです!!

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする