昨夜、父とそんな内容について長々とディスカッションしました。
父が話していたことは、その中でも特に、親と子が「伝えあう」というテーマについてでした。そんなテーマに対して、ふと私が「音楽での伝え、コミュニケーション」を例に出すと、父が真っ向から反論しました。
「親と子の関係というものは、他の何ものに置き替えがたい、根源的で例外的、かつ特別なものだ。芸術とか音楽家と聴衆とのコミュニケーションというものが、ここで例に出てくること自体が間違っている。」
しばらくのあいだ考えた私は、「まったくその通りだね。」と答えました。
自分と子供の関係を考え、自分と両親の関係を考えた時、自分の話が間違っていることは明白だったからです。
父にとって、食卓を囲みながら我が子と話すこと、彼の情熱や生きる面白さを家族と分かち合うこと、子供の情熱やフィロソフィーに耳を傾け、驚き、刺激を受け、喜ぶことは、彼が生涯をかけ、そして今も情熱を注ぎ続けているリーシュマニア症という病の研究やフィールドワークと同じくらい大切なことだと、子供である私が一番よく分かっているだけに、父の言葉は重かったです。
まず相手を認め、尊重すること。その上で、自分の前向きなアイデンティティを伝え、共に会話を転がして、一緒に考えること。私が子供の頃から父に、日常的にしてもらっていたことです。そこにはひとかけらの、つくりものの感情も、親という立場からの押しつけも、気取りやとりつくろいもありませんでした。もちろん当然、個性の違いからくるぶつかり合いは、家族間でしょっちゅうありましたが。
真摯に伝える人は、「大切な人間関係そのもの」に、情熱を持っている。親子という関係に愛情だけでなく、子供の精神の輝きを見出し、その輝きを尊敬しながら磨く手伝いをしたいという、熱い情熱を持っている。伝えるということは、言葉やいたわり(ましてや偽りの)ではなく、態度であり、生き方であり、情熱と尊重をもって相手に接すること。この父の基本姿勢は70を過ぎても変わることはありません。
今はエクアドルに住む父。別れが名残惜しく、昨夜はひどく深酒をし、「なごりおしいから~」と珍しく歌を私に歌って聞かせました。父は破格に音痴で、心を揺さぶる歌を歌います。高まる気持ちを自由に、少しの飾りなくそのまま、言葉や声に乗せられるのでしょう。それしかできない父の、素朴で、天下無敵の歌声でした。
そして今日、何ごとも無かったかのように、山のような仕事が待つエクアドルに向けて、まずは成田へと旅立って行きました。
家族に向けられる、どこまでも広く温かい心。その無限の温かさが矢のように刺さって、分厚い氷を突き破るような、衝撃的な一夜の経験。その情熱は偉大としか言いようがありません。私は、あの魂と情熱を、次の世代へと伝えなくてはなりません。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

素晴らしいお父様ですね。親子で哲学的な話ができるなんて!‼‼

竜テリアさま

コメントありがとうございます!はい。素晴らしい人です。完璧、ということでは全くありませんが(笑)、そのハートのあたたかさが超人的なのです。
ところで、弦楽器フェアでの竜テリアさんのヴァイオリン、素晴らしかったですね!
変化、進化を続けられる竜テリアさんに、刺激をたくさんいただきました。これからも楽しみにしています!

ハッシー

Comment feed

コメントする