皆さま、こんばんは!
二週間以上前から、右足首をひどく捻挫した様な痛みに悩まされ、治りかけたと思うと、事あるごとに痛みがぶり返すので、密かに心配していたのですが、実はそれは、最近にわかに練習し始めたピアノのペダルによる腱鞘炎だったということが昨夜発覚した、まぬけな管理人です(笑)。ヴァイオリンに関しては屈強な私ですが、その足首はずいぶんヘナチョコなのでした。

また、数度に分けて撮った写真をアップし、歌声まで皆さまに披露した息子のコアラ君も、近ごろはバルトークの「ミクロコスモス2巻」やレオポルド・モーツァルトの「ナンネルルのための音楽帳」などとは別に、自ら「ネコちゃん枠」なるものを設け、彼が短期で仕上げられるトンプソンのピアノ教本の1巻から一曲仕上げるごとに、年末に命拾いしたネコのチャンチャンに、優しく弾いてプレゼントしています。当のチャンチャンもトンプソンの演奏時のみ練習室を訪れて、毎回嬉しそうに、自分のための演奏と分かった上で、ピアノを演奏するコアラ君の隣でゴロゴロと喉を鳴らしながら、おとなしく私に抱かれています。
音楽は、物を所有できないネコにさえ心で所有され、音楽を贈った子供も、生涯それらの曲を愛するネコに捧げたことを覚えていられる、双方向の贈り物になるようです。種の壁すら軽々と乗り越えられる、音楽って、やっぱりいいなぁ!

ところで、そろそろミエザホールがオープンして、4回目の春が近づいています。管理人は近頃になって気付いた事があります。実際に演奏会や発表会で、ロングコースやショートコースのご利用をして下さったお客さまのリピート率は、なんと100%!
まだ1度しかご利用いただいていないお客さまからも、次回利用を見すえたお手紙やお話をいただいているので、100%と言っても嘘ではないかと、、。どのお客さまにも良い意味で音空間や環境に驚いて頂き、またキャパや価格の手ごろさもご好評頂いており、本当に嬉しい限りです。管理人の存在も、少しは世の中の役に立ってきた模様です。
ミエザホールは、これからもご利用いただくお客さまご自身のサロンでの会のような、あたたかな催しを全力でサポートさせて頂きます。今年からの動向が更に楽しみです。

見学のご希望、電話予約にて承っております。ぜひ一度、ホールに足をお運びください‼︎

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする