こんにちは。暦の上では間も無く夏を迎えようとしていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
私の菜園では、スナップえんどうの収穫が順調で、そら豆は間も無くの収穫。トマト(プチトマトと大玉の二種)やゴーヤ、南瓜の苗も賑やかに育っています。勝手に生えてきた野の花のおかげで、野原のようになって来た屋上で1日に数度、癒しのひと時を過ごしています。
5月ですが、ピアニストの水月さんとブラームスとモーツァルトのソナタ、シマノフスキーの編曲によるパガニーニのカプリス等を演奏いたします。
ブラームスのソナタは今回、1番と2番を演奏しますが、ブラームスの人柄の多面性や、一筋縄ではいかない性質が滲み出ている(笑)楽曲から、コアを見出そうと試行錯誤を繰り返しております。
また、今回取り上げるモーツァルトのソナタは、父レオポルド・モーツァルトが亡くなった年に書かれ、アイネ・クライネ・ナハトムジークとドン・ジョヴァンニの間に作曲されたものです。譜読みの段階から、非常に明るい曲調であるにも関わらず、モーツァルトのいつもの語法と異なる、反骨や挑みかけるような姿勢を感じ、戸惑って調べてみると、そのような時期に位置している作品でした。病床の父に対し、死に対する積極的な見解を手紙に綴って送るなど、モーツァルトの強烈な一面も開幕見ており、貴重な体験と感じながら、準備を進めています。
シマノフスキーの編曲によるパガニーニのカプリスは、20番、21番、24番を元にしたものですが、二番煎じの香りは無く、斬新で不思議な魅力に溢れ、パガニーニとシマノフスキーのエッセンスが、金と銀の繊細な織物のように見事なブレンドが表現されます。
今回、サブタイトルを「夢かいな?一夜で消える音楽の、生命をおびて動くそのさま」としました。皆さんの前に、命を帯びて動めくような音楽を立ち上げたいと思っています。ぜひぜひ、お誘い合わせの上、ご来場ください!

今日はまた、皆さまに別のお知らせがあります。
4月上旬に、子供時代に演奏活動をして過ごしたエクアドルで、2つのオーケストラと、協奏曲での共演の仕事が決まりました。時期は6月。大編成のオーケストラとはヴァイオリン協奏曲、小編成のオーケストラとは、エクアドルで押しも押されもせぬ大ヴァイオリニストになっている、かつての学友と、バッハの二つのヴァイオリンのための協奏曲の共演と、ソリストとしてピアソラの演奏。また、ヴァイオリニストの卵達に向けてのワークショップも依頼され、他に5つ程の仕事が交渉中という状況になりました。
オケとの共演の話が決まってから、航空券を購入する他に真っ先にしたことは、荒井節夫氏作の「春雷」を、私のこの1年間の汗で剥げたニスの塗り直しを含むクリーニングのために、マエストロの元に送り返すことでした。
今回のエクアドルでの演奏旅行にはぜひ「春雷」を伴いたいのですが、バッハでは元学友が寄贈されている、名器アマティとの共演になりますし、4年前のソロでの演奏後は、楽屋に大勢が詰め掛け、楽器(前回はウルフ)も大いに注目を集めました。
せっかくのマエストロの作品が、私の汗や涙でところどころニスが剥げ、手垢にまみれた状態では非常にまずいと思ったからです。

エクアドルでオーケストラとの共演という嬉しいニュースを、皆さんにどうご報告しようかとウキウキ過ごしていたところ、先日の熊本での痛ましい大地震に続くように、エクアドルでもまた、更に大きな地震が起こりました。
私が訪れる予定の地は、震源から300キロ離れたエクアドル最大の都市で、グアヤキルという都市ですが、道路の立体交差や個人の住宅が崩れ、2名の死者が出ました。私の両親は、住んでいる地区も含めて無事と分かり、メールでのやり取りでは、今回のプロモーターを買って出てくれている友人も無事が確認されました。しかし、演奏する予定の会場は、被災後の後片付けが大変という情報も入っています。
この状況下では、私のコンサートがどうこうということを気に掛けている場合ではありませんが、もし開催が可能であれば、収益を被災した方々のために使って頂くなど、自分がお役に立てることがあるだろうと思っています。
日本にとっては地球の裏側ですが、私にとっては苗木だった私を大地に植え替え、たっぷりと水と愛情を注いでくれた人たちの居る、第二の故郷です。自分に出来ることをして来ます。

皆さま、長くなりましたが、5月14日のコンサートでお会い出来ることを、楽しみにしています!


橋口瑞恵
——————–

五月の夜のコンサート


夢かいな?一夜で消える音楽の、生命をおびて動くそのさま

日時 2016 5月14日 (土)
開場 18:00 開演 18:30
前売 3500円
当日 4000円

ご予約 ミエザホール 042-366-6316
mieza@mieza.jp


Vl.橋口瑞恵 Pf.水月恵美子


プログラム

ブラームス作曲
ヴァイオリンソナタ 第1番 Op.78
ヴァイオリンソナタ 第2番 Op.100

モーツァルト作曲
ピアノとヴァイオリンのためのソナタ ト長調 K.526

シマノフスキ作曲
パガニーニの3つのカプリス (for Vl. and Pf.)
No.20 No.21 No.24

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする