残暑厳しい中、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
私はお盆を機に、猫2匹が長年バリバリ爪を研いできた、ボロッボロ過ぎる椅子の張替えに初チャレンジしました。手始めに、包むだけの簡単な1脚から。意外に簡単だったので、続いてマチの有るタイプで、ミシン掛けが必要な座面の物を2脚。3脚とも布製から合皮への張替えで、ずいぶん雰囲気は変わってしまいましたが、内臓が飛び出しているよりはマシ(笑)!初めてにしては、バッチリ上手く出来ましたよ。猫達が健在な間は、合皮のままで行こうと思います。
しかし、今日は私のなんちゃってDIYの自慢をするためにご連絡差し上げたのではありません。

来たる9月11日に、私の10代からの友達で、最強のお祭りコンビ、萩生哲郎君と、オールバロックのコンサートをいたします。萩生君の上品で温かく、ヒューマニズム溢れるピアノの音色で、是非バロックをご一緒したいと、昨年暮れから考えていたのですが、ようやくその実現となりました。
既に2回のリハーサルを終えましたが、今回もまた、お互いの感性に感激し合いながら、ワクワクと素晴らしい音楽経験をしています。
皆さまともぜひ、バロックなのに⁉︎「歌って、歌って、歌いまくって、最後には踊りたくなる。」楽しさを分かち合いたく、コンサートのご案内をしております。
ぜひご来場ください!ホールへのご予約、お電話でもメールでも大丈夫です!ご予約をお待ちしています。

熱い夏も、もう二息くらいでしょうか?どうぞお身体にお気をつけて、皆さま元気にお過ごしください。


橋口瑞恵
ーーーーーーーーーーーーー

9月11日(日)
14:30 開場、15:00 開演
ミエザホールにて

バロック あ・ら・かると!
「色も個性もみんな違う、音楽の真珠たち。」

Vl.橋口瑞恵 Pf.萩生哲郎

前売 3500円、当日 4000円

☆プログラム

第1部
・G.F.ヘンデル作曲 ヴァイオリン ソナタ 第5番
・J.M.ルクレール作曲 ヴァイオリン ソナタ Op.5-8
・ ヴィタリ作曲 シャコンヌ
・J.S.バッハ作曲 非G線上のアリア

第2部
・J.S. バッハ作曲 ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ 第6番 BWV1019
・J.S. バッハ作曲 ヴァイオリン コンチェルト イ短調 BWV 1041

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする