昨年暮れから始めたことがあります。
家族揃って夕食をとる際、その日の出来事の中から「あらためたいこと」と「自分を褒めたいこと」をそれぞれ一つずつ話します。内容は、どんな小さなことでもかまわないのですが、必ず自分自身のことを話すこと。
我が家の事情を少し明かしますと、コアラ君は私に似てめちゃくちゃ口が立ちます。「まるでお母ちゃんが2人居るみたい(地獄ですな!)」とパパが言うほどですが、パパは会話の中で、小学1年の息子に存在感を消されるほど口下手で、口数が少なく、受け応えもタイムラグが有りがちで、その事が家族の揉め事に発展したことが、過去に何度もありました。
「パパに話しをしてもらおう。」
という目的が一つ。それと、もともと私自身が少し前から、その日してしまったことで、次から改めたいことと、今日自分を褒めたいことを、毎日メモするようになったのですが、たったそれだけでずいぶん、前向きな気分に変わって来たので、家族にも試してもらいたい。と思ったことが、もう一つの理由です。
この習慣が始まって3週間程でしょうか。毎回一番ワクワクと楽しみに話題を沢山用意しているのは、コアラ君。パパはまだそれぞれ一つだけ。そしてそれを長い文章にはつなげられませんが、自分の感じたことを口にするようになりました。
日頃パパと共に行動することの少ない私とコアラ君にも、仕事の日のパパの日常が家族に垣間見えはじめたことは、一つの収穫です。
家族という形もまた、一人一人の努力で成長して行けるのだ。ということを、日々学んでいます。
未熟だけど、頑張ります!

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする